イメージ1

消費者金融とは

消費者金融は、一昔前はサラ金といわれており、金利が高く取り立てが怖いイメージがある人も多いようです。平成22年6月18日以降は出資法の上限の金利が20%に引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃されました。これにより、金利の上限は利息制限法の水準となり、貸付額に応じて15~20%となります。なお、利息制限法の金利の上限を超える金利で貸し付けをした場合は超えた部分の金利は民法上無効となり、そのような貸付を行なった消費者金融業者は行政処分の対象、または刑事罰の対象になります。最近では消費者金融のイメージアップを図るCMや広告をよく目にするようになり、借り入れる条件の緩和や無人自動支払機の増加やなどで利用しやすくなりました。来店しなくてもインターネットから申し込むこともでき、保証人や担保の必要もなく、自分自身の信用で申し込むことができます。銀行のカードローンの審査で通らなかった人でも消費者金融のカードローンを申し込んだら通過したというでケースもあります。消費者金融は銀行などと比較すると金利は高くても、審査や融資のスピードは早く、コンビニのATMも24時間利用できるので利便性が高く、返済は自由に選択できることが多く日割りで金利計算をするので、借入期間が短い人はそれほど大きな負担はなく借り入れることができます。しかしながら比較的容易にお金を貸してもらえる会社はそれだけ取り立てを厳しくする傾向にあります。安易にお金を借りることを考えずに、利用する前にきちんとした心構えが必要です。キャッシングで借りたお金は自分のお金ではありません。きちんと返済できる金額を借りるということは基本で、返済日を守って計画的に返済していくために、返済方法の計画を練っておくべきです。仮に支払いができなくなったことも考慮して、それに変わる資金があるかどうか確認しておくと安心です。自分の収入にあった生活プランを立てて、背伸びした生活を送らないように勤めることが大切です。そして、利息の仕組みや返済方法を事前に把握しておき、少しでも金利の安いところを捜すことも大切です。借りる前に本当に必要なお金かどうか、いくら必要なのか、毎月いくら返済できるのか、借り入れ先はどこがよいかよく考えて置きましょう。必要な時に必要な分だけというのがお金を借りるための基本です。

消費者金融とは

サンプル
借りる前の心構え

借金はしないことが一番良いことですが、突然の出費や高額な買物をするときなど現金払いで購入するのは難しいものです。キャッシングローンを利用することは普遍的な時代になっていますが、借り入れをするときは返済で困らないように、しっかりと計画を立てて利用することが基本です。消費者金融を利用する前の心構えとして、きちんと現実と向き合って考・・・

サンプル
上手な借り方

キャッシングの申し込み方法は様々あり、店頭の窓口や自動支払機、電話、インターネットなどより手軽に申し込めるようになりました。返済の方法も様々あります。店頭の窓口や口座振替、ATM、現金書留、インターネットバンキングなどがあり、ライフスタイルによって選ぶことができ、支払日も自由に設定できる場合があります。消費者金融業者はきちんと選・・・

サンプル
注意点と相談窓口

一般的に要注意注と言われているのが、毎月の返済金額が収入の20%を超えたときです。また、複数の消費者金融を利用している人は、自分の借入残高がいくらなのか、月々の返済金額がいくらなのか、現状をしっかり把握しないでキャッシングを続けるのは危険です。返済しているはずが、利息だけの支払いで元金が減っていないことがあります。当初の借入れ金・・・